【2021年 おすすめ 厳選集③】YouTube 本の解説・要約チャンネル 「フェルミ漫画大学」さん 【内容・感想・考察】

YouTube

今回紹介するのは、「フェルミ漫画大学」さんです。

このチャンネルは、マンガ形式で”望月りん”さんが青年とのやり取りの中で
「本」を解説してくれます。

とても質の高い良書が、マンガを楽しむ感覚でサクサクと頭の中に入ってきます。
非常に快適な時間を過ごせると思います。自信を持っておすすめします。

では、行ってみましょう。

 現実の世界に応用させる「孫子の兵法」

著者 島崎普さんの
孫子の兵法」を解説して頂きました。

孫子の兵法は、現実のリアルなビジネスの現場などでも
十分応用させていけると思います。

わたし(本サイト)が動画の内容を一部抜粋(要約)して、
まとめていきたいと思います。

 負けない態勢を作る

勝つことより、負けない体制を維持する。

勝負に強くなるためには、勝つことよりも
負けないことが重要だ。

大体の場合、敗因は自分で作ってしまうもの。

例えば、オリンピックでは
演技で「ミス」をしたほうが負けてしまう。

勝負とは、ミスをしたほうが負けるように出来ている。

相手は自分の通りには動いてくれないが、
自分の動きは自分でコントロールできる。

ライバルが崩れるまで、自分の守りを固めて
100%勝てそうなタイミングで動く。
地味だけど、それが負けない方法。

「攻めよりも守りを固めるということ」

例えば、ドラクエ4で戦闘コマンドを「いのちをだいじに」にして
フィールドやダンジョンなどを探索する時に、
無駄なエネルギーを消耗しないということです。

武器や防具でも、
戦闘に備えて、まず守備装備の段階で、はがねの剣よりも、
はがねの鎧や盾、兜を購入するイメージですね。

 戦わずして勝ち、仲間にする

戦わずにして、勝つ。

相手を追い込まずに、降伏させて仲間にしましょう。

一滴の血を流すことなく、
一発の銃弾を撃ち込まず、
城を破壊することなく、
相手に降伏させて、仲間にしてしまえば
相手の戦力をそのまま吸収できる。

もしボロボロになるまで戦い、
最後の力を振り絞って、相手が自爆覚悟で
突っ込んできて、
自分の兵士も大きな被害にあい、恨みを買ってしまう。

こうなると、戦いに勝ったのに
兵力が弱くなってしまう。

大手企業が、
見込みのあるスタートアップ企業を買収して
さらに大きくなっている。

競合と戦ってボロボロになるより、
さらにいい給料や環境を与えて仲間に取り込んだほうが楽だ。

======================

動画でも紹介されている通り
ビジネスの場面では、
競合相手を買収したほうが「会社」をさらに
大きくできるし、
より”やりやすい会社運営”をすることができますね。

GAMEの世界で例を挙げると
ドラクエやFF、モンハンでは
最初の戦闘シーンで
「仲間にする」のコマンド選択します。
そして、相手(敵)を仲間にして取り込んで
次に戦闘シーンで有利に戦えたりしますよね。
そういう”イメージ”です。

 お金を払って情報を仕入れる

情報に投資すること。

孫子の兵法では、優秀なスパイを雇えと言っている。

相手の国がどんな状況なのか
兵士の守りの弱い部分はあるのか
どういう戦略なのか
兵の数、食糧の状況、寝ている時間帯などを把握する。

そういうのを知ることで、
いつどこで攻めれば勝てるのか見えてくる。

孫子の兵法の有名な言葉に
「相手を知り己を知れば、百戦危うべからず」というのがある。

これは、相手の自分の状況を知れば
百回戦っても危険がないということ。

===================

現代の世界で言えば、優秀な”探偵”などを雇い
ビジネスの場面で応用できるところが
たくさんありますね。

動画では、

・短期決戦を心がけること。
・格上には挑まない、負ける戦をしない。
・組織全体の心を1つにして一点突破する。
・相手になめられたほうがいい。
・有能な将軍には干渉しすぎない。
・選択の幅を広げることで絶望的な状況を切り抜ける。

が紹介されています。

どの内容のとても勉強になり、現実の世界で応用できる場面が
たくさんあります。

 まとめ

今回は、「フェルミ漫画大学」さんの孫子の兵法を紹介
させて頂きました。

YouTubeでは、とても勉強になり日常生活やビジネスの場面で
たくさん応用できるものがたくさん扱われています。

これからも、いろいろな分野の本を扱っている「チャンネル」を応援して
より意義の高い生活をしていきたいですね。

それでは、また^^

2021.8.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です