【2020年 お勧め映画】ネットフリックス傑作3選【ネタバレ・感想】

netflix-and-coffee

2020年は、世界中の人たちにとって特別な1年であったと思います。

それは、やはり「コロナウイルス」であって皆が巣ごもりになり

家で、過ごした日々であった印象があります。


そこで、2020年のネットフリックスで心に残った作品の中から「3選」を

独自な視点で振り返っていきたいと思います。

 コンテイジョン

出典:コンテイジョン | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

世界的なパンデミックを引き起こす未知のウイルスの拡散
を阻止するべく、医療専門家たちが時間との闘いに挑む。

出典:コンテイジョン | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

サスペンス映画の大作ですね。

マット・デイモン、グウィネス・パルトロー、ジュード・ロウの豪華俳優陣が出演します。

2020年に「コロナウイルス」が世界的に蔓延して
一躍脚光を浴びた作品です。
物語の最後に、感染源の回想シーンがありますが
この『作品』を、年代を超えていろいろな解釈ができる事が可能だと思います。わたしは、「環境汚染」や「人間の愚かさ」等を忠実に再現できたと、感じています。

他に「アウトブレイク」も”宿主のウイルス”の題材を扱った作品ですね。
ダスティンホフマンやモーガン・フリーマンが出演しています。
25年前の作品ですが、色褪せを感じさせない「スリリング」な展開が大好きです。

 監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影

出典:監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト


ドキュメンタリーとドラマを織り交ぜて
自身が開発したテクノロジーに警鈴を鳴らすとともに
SNSが人間にどれほど危険な影響を及ぼすのかを検証する。

出典:監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

俳優さんたちは、ドキュメンタリーなので
マイナーな方が多い印象でしたが
個性的な実力派ばかりでした。

各SNSのエンジニアや経営に携わった人達、学者などが
「いいね!」に関するエピソードや、快楽、人間に与える
さまざまな「影響」について考察されています。

正直な感想は、
「本当にここまで言及していいの?」と
とても不思議な感覚がありました。

SNSという「ビジネス」において
人間がどのようなスタンスで取り組んでいけば
いいのかを、日常的に使用している「ツール」を通して、
考えさせてくれる大作でした。


 全裸監督シーズン1

出典:全裸監督シーズン1 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

バブル景気に沸いた1980年代の日本に、
逆境をチャンスに変えた奴がいた。
男の名は村西とおる。
彼こそが、エロの概念を覆しAV業界に革命を起こした伝説の風雲児。

出典:全裸監督シーズン1 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

男性なら、ついつい見てしまうようなタイトルですね。
そして、内容についても惹かれてしまう部分があります。

この作品は、シリーズになっていて
シーズン1では、
8つの物語が収録されています。

最初から、グイグイ引き込まれ、あっという間に
作品の世界に没頭して見入ってしまいます。

1時間ほどの世界観に「スッと」意識が
入り込んでしまう感覚は
「プリズン・ブレイク」のシリーズを思い出させます。

そして、2021年には
シーズンの続編が発表されました。

とても楽しみですね。
2021年が、みなさまにとって良い1年になりますように^^

【2020年 お勧め映画】ネットフリックス傑作3選 まとめ

2020年に鑑賞した作品を、ギュッと自分なりに厳選してみました。

どの物語も秀逸で、独自な世界観を持っていると思います。

クリエーターの皆様には、とても感謝しています。


2021年も、良い作品が生まれて

私たちに素晴らしい体験を与えてくれることを願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です